GREEN HELL - Where is the Legends?

伝説の石碑の詳しい場所を3つのエリアに分けて解説。

f:id:Leonis:20210202200533p:plain

 

 

 

北エリア

f:id:Leonis:20210202180040p:plain

ここが一番の難関で、Map座標と実際の位置がズレているのでMapを頼りに探すと結構大変。

 

① 44W34S 製作の腕

f:id:Leonis:20210202180138j:plain

洞窟入ってすぐ

 

② 43W32S うなる精霊

f:id:Leonis:20210202173722j:plain

洞窟内をジャンプして進んだ先

 

③ 42W30S 呪われた水

f:id:Leonis:20210202173637j:plain

 壁際近く

 

④ 41W31S 呪われた水

f:id:Leonis:20210202172347j:plain

洞窟内の小規模キャンプの近く

 

⑤ 41W30S うなる精霊

f:id:Leonis:20210202172234j:plain

段差の上の洞穴 

 

⑥ 39W31S 製作の腕f:id:Leonis:20210202172013j:plain

谷状の道の突き当りの洞穴

 

⑦ 38W29S 製作の腕

f:id:Leonis:20210202171742j:plain

洞窟内枯れ木の上側 ジャンプして進んだ先

 

⑧ 36W29S 製作の腕

f:id:Leonis:20210202171759j:plain

洞窟奥の池の上

 

⑨ 35W31S 製作の腕

f:id:Leonis:20210202171647j:plain

大規模キャンプ裏の洞窟内 ムアギ族が捕まっている手前の湖の北側にある洞窟

 

 

南エリア

f:id:Leonis:20210202183520p:plain

比較的わかりやすい場所が多くて座標も素直

 

① 42W40S 白い悪魔

f:id:Leonis:20210202183630j:plain

同じく42W40Sにある穴に落ちて進んだ先

 

② 40W39S 呪われた水

f:id:Leonis:20210202184601j:plain

スタート地点の洞窟の下側

 

③ 41W38S 呪われた水

f:id:Leonis:20210202184752j:plain

スタート地点の洞窟を北に抜けて南西方面ちょっと行ったとこ

 

④ 39W36S 白い悪魔

f:id:Leonis:20210202184933j:plain

滝のある湖の真ん中の島

 

⑤ 37W36S 呪われた水

f:id:Leonis:20210202193554j:plain

洞窟出て東側の壁沿い、近くに吊るされた死体

 

⑥ 36W34S 製作の腕

f:id:Leonis:20210202194539j:plain

37W34Sの洞窟から入って東側、岩の柱をジャンプして進んだ先

 

⑦ 35W36S 製作の腕

f:id:Leonis:20210202195029j:plain

洞窟入って岩の柱ジャンプして進んだ先

 

⑧ 37W39S 白い悪魔

f:id:Leonis:20210202185358j:plain

北側から洞窟入ってすぐ東

 

⑨ 36W39S 白い悪魔

f:id:Leonis:20210202195540j:plain

大規模キャンプの裏

 

⑩ 36W39S 呪われた水

f:id:Leonis:20210202195552j:plain

大規模キャンプのすぐ南 

 

 

西エリア

f:id:Leonis:20210202201414p:plain

洞窟の中が多いのでサソリに注意

 

① 45W37S 白い悪魔

f:id:Leonis:20210202202911j:plain

竹橋渡って丸太からジャンプした先

 

② 46W37S うなる精霊

f:id:Leonis:20210202203446j:plain

池泳いで渡った先 カイマンいるので注意

 

③ 47W37S うなる精霊

f:id:Leonis:20210202213122j:plain

小規模キャンプの裏の池を潜って進んだ先

 

④ 49W36S うなる精霊

f:id:Leonis:20210202212646j:plain

滝の脇道からジャンプして進んだ先

 

⑤ 49W31S 呪われた水

f:id:Leonis:20210202211556j:plain

小規模キャンプ裏の洞窟入ってちょっと進んだとこ

 

⑥ 48W34S うなる精霊

f:id:Leonis:20210202210853j:plain

大規模キャンプの隣

 

⑦ 47W32S うなる精霊

f:id:Leonis:20210202210549j:plain

洞窟入ってすぐ

 

⑧ 46W35S 白い悪魔

f:id:Leonis:20210202203248j:plain
同じく45W35Sの洞窟を北側から入ってすぐ西側

 

 

 

GREEN HELL - Legends of The Spirits of Amazonia

アマゾニアの精霊たちモードをクリアしたのでまとめです。

 

まず最初に重要なのが、伝説の進行はゲーム中のESCメニューからロードしたのではリセットされないというバグがあります。

セーブ→伝説を達成する→ESCメニューからロード、この場合伝説達成前のデータに戻るはずですが、現状正しくフラグが戻らないため当該の伝説の進行が不可能になります。また、伝説未達成のデータから達成済みのデータをロードしても、ノートが未達状態になります。

これらのバグは、一度ゲームタイトルまで戻ってからロードすることで解消されます。

修正されました。

 

----

おそらく完成状態のMapです。

f:id:Leonis:20210201181450j:plain


伝説終わらせた後なので?マークは消えています。

ただMapと実際の石碑を読む位置の座標はズレてたりしてあまり参考にならないかもです。

 

----

攻略の前提。

まず各地を巡りながらあちこちにセーブポイントを作りましょう。焚火とセットが良いので水場の近くがオススメです。6か所くらい作っておくと楽になります。各キャンプではカメ甲羅やココナッツの器でスープを量産し、その辺に転がしておくといいです。

睡眠は不眠症になったら4時間寝ればOKです。スタミナが足りない場合は、青いキノコを食べるかバク・カピバラペッカリーのスープを飲みましょう。肉類は焼くと時間かかるので全てスープにします。炭水化物と脂肪は拾い食いで何とかなります。水分はキャンプで簡単に補給できますし、何なら汚水飲んでキノコで浄化する人間浄水器スタイルでも問題ありません。

とにかくあちこち走り周ることになるため、必然的に夜間の行動も多くなります。ESCメニューのオプションのグラフィック設定から明るさを最大にしておきましょう。これで夜も昼になります。

装備は、石の斧と竹槍3本がコスパ良いですが、弓慣れしている人は弓でもいいと思います。竹が見つからない場合、39W34Sの滝側のあたりに生えてます。ナイフは簡単に作れて軽い石刃で十分です。

ちなみに槍は刺さっている間継続ダメージを与えるため、槍投げHSを決め損なった場合でもほっとけば倒せます。ただしバクとかカピバラとかは走って逃げられるため、できるだけHSで1発で仕留める方が良いです。

中型以上の生物を解体して骨を集めて骨の防具を作ります。できるだけ早い段階で全身ホネホネマンになると安心です。アリ塚、ジャガーピューマは脅威でなくなりますしカイマンの噛みつきも2発くらい耐えます。耐久94~95%くらいまでは、今着けている防具が壊れていなくても、骨が集まったらとりあえず作って換装し続けると良いです。

バッグの中身は、乾いた葉3つ、灰とユリとタバコの包帯をそれぞれ2個づつ、石1つ、魚の骨数本を持っていれば大体何とかなります。乾いた葉は、葉の束持ったまま寝ることですぐに作り出せます。スペースは多めに空けておき、カメの甲羅とココナッツを拾える余裕持ちましょう。

このモードの一番の敵はヘビ・サソリあたりから受ける毒傷です。毒・熱のまま活動しても良いことは無いので、ユリかタバコの包帯巻いてすぐベット作って寝ましょう。無理して行動し続けると、最悪地べたに倒れこんで虫が付いて余計に面倒なことになります。

 

 

----

伝説以外は見つけて対処するだけなので、伝説の解説を行います。

 

1. 白い悪魔 (The White Demon)

Map上に出た?マークのポイントへ向かうだけですが、夕方以降に行く必要があります。

クロカイマンより一回り大きいアルビノカイマンがポップするので、頭に竹槍3本くらいぶっ刺して死ぬのを待ちましょう。

 

2. うなる精霊 (Howling Spirit)

Map上に出た?マークのポイントに行くだけですが、調べる場所は木の上の方になので南側の竹橋を渡って向かいます。

 

3. 呪われた水 (Cursed Water)

まず沈没している蒸気船に向かいます。船の沈んでいる後ろ部分から潜り、底の方から侵入して左側の通路を通って奥に向かいます。古い箱に黄金の遺物(Golden Artifact)が入っています。

その後Map上の?マークのポイントから滝壺の奥に潜って道なりに進んで祭壇へ行き、黄金の遺物を設置し、その下にたき火を焚きます。

祭壇の周りには木が無いのでたき火の材料を持っていくのを忘れずに。

 

4. 製作の腕 (The Craftsman)

この伝説だけ石碑を集めてもMap上に?マークが出ません。

ムアギ族の長老の真横に原住民の像(Tribal Statue)の設置ポイントがあるので、クラフトしてから設置します。

クラフトに必要な材料は以下。

 

金属の牙 (Metal Fangs)

ネコ科動物の牙 (Cat Fang) はジャガーを解体

f:id:Leonis:20210201175538j:plain

 

金属のウロコ (Metal Scales)

※アロワナのウロコ (Arowana Scale) はアロワナを収集

f:id:Leonis:20210201175630j:plain

 

金属の羽根 (Metal Feathers)

※鳥の羽根 (Feather) は落ちてる鳥の死体を解体が簡単

f:id:Leonis:20210201180451j:plain

 

(Stick) をベースに、これらと 樹脂 (Wood Resin) を加えて合体

f:id:Leonis:20210201180801j:plain

 

伝説だけで400信用ももらえる!

GREEN HELL The Spirits of Amazonia Update

突然来ました。

store.steampowered.com

 

Updateの目玉は新モードの「アマゾニアの精霊たち」ですね。

前日譚というか、ストーリーモードクリアで知ることのできる過去を描いたモードですので、注意書きの通りストーリーモードクリア後にプレイ推奨です。

Map4がメインフィールドとなっており、あちこち歩き回ってムアギ村の信用を得ていくのが目的となります。

必要な信用ポイントが地味に多くて私もまだクリアしていませんが、ポイント収集はざっくり以下のような感じでした。

・ワラハ族の小規模キャンプを破壊 - 5 point
・石碑を調べる - 10 point
・木に吊るされているムアギ族の死体を火葬 - 20 point
・怪我をしているムアギ族を治療 - 30 point
・ムアギ族の子供を村に連れて行く - 30 point
・ワラハ族に捕まっているムアギ族を解放 - 30 point
・ワラハ族の大規模キャンプを破壊 - 40 point

・石碑を集めて伝説に対処 - 100 point

 

たぶん全部場所固定っぽい気がするので、気が向いたらマーキングしたMapを作っておきます。

2021-01-31 公式のMapが更新されてLocationが全て記載されていました。ただ石碑に抜けがありますね、例えば39W32Sの石碑。

f:id:Leonis:20210131225225j:plain

https://static.wikia.nocookie.net/greenhell_gamepedia_en/images/d/d5/Map_4.jpg/revision/latest?cb=20210131072913

 

やってみると結構楽しいのですが、難易度が低いものしか選べないのものあってサバイバル感はほぼ無いですね。MMOのお使いクエスト延々やってる感じに近い。

クリアしたら改めてまとめてみます。

----

2021-02-01 クリアした。

手探りでやるのが面白いモードだと思うのであまり攻略情報見ない方がいいかもしれない。

f:id:Leonis:20210201122958j:plain

 

GREEN HELL 100% Achievement

GREEN HELLの実績を全て解除しました。

f:id:Leonis:20210125184500p:plain

気になったものは以下。

 

Vegan!

Survive 25 days solely on mushroom and plant-based food on Welcome to the Jungle difficulty or higher

Dockで汚水を飲んで水分だけを満たして24時間寝るのを繰り返すだけ。

つまらない上に微妙に時間かかるので最後に取っておくのがいいかも。

ちなみにこのやり方であればPacifistも併せて解除することが可能です。

 

Mr... I don't feel so good

At the same time get leeches, worm, rash, fever, poison, food poisoning, parasites, insomnia, dirt and any wound

両腕両足の4部位に付けるleeches, worm, wound, rashは、受ける時に部位が重ならないようにする必要があります(上書きされることがあるのでその場合はロード)。

ちなみにwoundは、Scratch & Abrasion(ひっかき傷と擦り傷)、Laceration(裂傷)、Venom Wound(毒のある傷)のどれか1つで大丈夫です。つまりガラガラヘビに噛まれるとwoundとfeverとpoisonの3つが同時に満たされるのでお得(?)。

方法としてはinsomniaが一番時間かかるのでまずinsomniaを1スタックさせ、その状態でうろちょろしてleechesが付いたらセーブしてチャレンジするといいと思います。

ヒルは1匹でもleechesになるので1匹だけ残して後は取って大丈夫です。ちなみにwormとrashは腕につきやすいように感じるので、leechesは足に付けておくといいかもです。

 

I don't need to sleep

Get 5 stacks of insomnia

よくわかりませんがストーリーモードでは達成できないっぽいのでサバイバルで起き続けましょう。

まずココナッツの器を大量に用意し、安全に焚火をし続けられるところを確保します。オススメはDrug Facilityの電子レンジの前あたりです(屋根があり、水場が近く、畑の罠でペッコリーが無限に捕れる)。

準備ができたら青キノコか肉のスープを大量に作り、エネルギーが減ってきたら飲み、またスープを作るのを繰り返します。エネルギーの減衰時間よりも焚火とスープの素材を集める時間の方が短いので、一度やり方を理解するとずっと起き続けることが可能です。

 

Am I losing it? (*secret)

Kill a Sanity tribesman

今流行りのpublic test beta版では原住民関連が軒並みバグっており、正気度を限界まで下げてもSanity tribesmanは出てきません。なので通常版で達成しましょう。

 

I'm not afraid of any work

Complete 7 Challenges

おそらく最も人気の無い実績。

チャレンジモードとは言え特別難しいことは無いのですが、途中でセーブができないというハードルの高さはあります。

チャレンジの中で面倒なのはHunterのToucanとGreen Iguanaですね。

Toucanはジャングルうろついてれば死体が転がってたりするのでまだいいとして、Green Iguanaは出現ポイントが限られるので捕まえるまで移動できず、夜は視界が悪いためハンティングチャンスは日中のみです。

 

Green Hell

Finish the game on Green Hell difficulty level

何故か達成率の低い実績。

このゲームはストーリーでもサバイバルでもやることは同じで、始まったらできるだけ早くDrug Facilityへ行き、ペッコリーをたくさん解体して全身Bone Armorで身を包みBone Spearを持つだけです。これで難易度は関係無くなります。

オススメの持ち物構成はObsidian Axe, Bone Spear, Bamboo Spear x 2とサブポケットにStone Bladeです。弓が無いとジャガーに絡まれた時に瞬殺するのが難しいのですが、Bone Armorはジャガーの攻撃に高い耐性を持つためHSを狙わなくてもBone Spearでザクザク刺して撤退させることができます。ただしBone Spearは重い(4kg)ので1本だけにしておき、普段の投擲で使う用はBamboo Spear(2.1kg)を2本持った方が身軽です。

 

 

 

このゲームはマップを覚えるまでが大変かもですね。

GREEN HELL update to public test beta version

※2021-01-19 追記あり

 

公開ベータで新エリアの追加が来ました。

store.steampowered.com

 

早くもOfficialWikiでMapが公開されています。

Map - Official Green Hell Wiki

新エリアにはMap3の35W36Sから行けます。

f:id:Leonis:20210117000429j:plain

これは登った後の図

----

2021-01-19 追記

そんな大回りせんでも行けたわ。

f:id:Leonis:20210119070047j:plain

Map1からすぐ行けた

ここからMap4入場すると41W30Sに出ます。

 

また、普通に46W28Sあたりを南下していってもそのままMap4に入れます。

f:id:Leonis:20210119082155j:plain

Map4の45W32S

公式WikiのMap1の下部とMap4の座標がズレてて気づきませんでした。

 

----

 

新エリアですが、まあ広いです。あとNativeが多い気がします。

ジャガーやクロコダイル等の野生動物は、これまで通り不意を突かれなければ楽勝ですが、Nativeは一対多になるので場所によって厳しい場面も多い。

新エリアにMap3側から入場した場合、すぐに水場と少し開けたところがあるのでまずここでキャンプを作るといいと思います。

f:id:Leonis:20210117002234j:plain

簡素キャンプ

ここまでなら水筒と鍋拾って走ってくるだけなので、ある程度慣れたサバイバーなら開始から20分以内で来れると思います。

Map1から行けたのでスタート地点がどこでも5分で来れます。

Map3から入場した場合は、比較的近いところに新LocationのSunken Shipがあります。

f:id:Leonis:20210117003635j:plain

Sunken Ship

船中の箱にはObsidian Stoneがあります。

 

 

あと、私は久しぶりにMap3に入場したので正規versionでも同じなのかわかりませんが、デルタキャンプの鍋って無くなったんですかね。あとMap2→Map3の水中通路バグってますね。

 

GreenHellも日本語の攻略動画あまり上がってないので上げようかなと思いつつも動画は編集が面倒で面倒で・・・。

せっかく撮るなら流行りのvlogみたいな短い感じにしたいのだけれど、攻略動画としては全く役に立たなくなるんですよね。

 

2020年に遊んだSteamのゲームからPickUp

■今年買った記憶に残っているもの

・Green Hell

store.steampowered.comこのブログでも何回か触れましたが、今年唯一買ったサバイバルゲーム
フルプライスだとやや高めですが、ちゃんとしたストーリーモードのあるサバイバルゲームとしては価値あるかもです。
Road MapでThe Spirits of Amazoniaは冬の予定だよって言ってるのでそろそろ大型アップデートが来るでしょう。
サバイバルゲームとしては良い出来ですが、このゲームとにかく不親切なんですよね。普通は素手で大きい石をちぎれると思わないでしょ。
マルチは未だにバグもありつつも、それなりに遊べるレベルになっているところは評価できると思います。
個人的にはジャングルがランダム生成になると一気に面白さが上がるゲームだと思います。
どっちに何があるかわからないという、森やジャングル独特の恐怖感が上手く演出できているのでMap固定なのはもったいない。

 


・My Time At Portia

store.steampowered.com最近遊んでいる、ちょろっとアクション要素のあるシミュレーションRPGゲーム。
最初研究所にCD渡して新しいツールが得られることを知らず、季節を丸々無駄にして過ごしていました。
研究所の件もそうですが、説明足りないだろってところがちょいちょいあるので、アイテム毎に入手方法のヒントみたいな機能は欲しかったかも。
施設やNPCが豊富でできることが多い一方、スタミナ制と相性は悪く、一日が忙しい割りに単調になりがちなのが難点。
戦闘も単調なのに発生回数はやたら多く、他の部分の出来が良い分もったいないなぁと思うところがいくつかありました。
それでも全体的には雰囲気が良く完成度も高いため、この独特のグラフィックに抵抗がなければ年末年始にお勧めのゲームの1本ですね。
続編のMy Time at Sandrockも発表されましたし、セールであれば買って損は無いと思います。

 


・Bloodstained: Ritual of the Night

store.steampowered.com確か今年の前半に少し安くなっていたので買ったアクションRPGゲーム。
元々PSの月下の夜想曲やDSの奪われた刻印が好きだったので、ゲームスタート時の高いテンションのまま一気にクリアまで遊べました。
さすが本家の方による作品なだけあって、今まで遊んだメトロイドヴァニアの中でもトップクラスの品質ですね。
アクション、探索、クラフト、コレクション全部盛りの素晴らしい密度。アップデートでプレイアブルキャラクターも追加されています。
やり込みもめちゃくちゃ難しかったり膨大な時間がかかるというわけではないため、アクションRPGが好きな社会人にもぜひぜひお勧めです。
ちなみにドラキュラの系譜だと闇の呪印というゲームが好きで、アレに似たようなゲームをSteamで探しているのですがなかなかありません。
もし知ってる方がいらっしゃいましたら、教えて頂けると泣いて喜びます。

 


Hollow Knight

store.steampowered.comBloodstainedでメトロイドヴァニア熱が上がってしまい、勢いで買ったアクションゲーム。
メトロイドヴァニアとは言えメトロイド(アクション)側の比率が高く、武器の強化やスキルカスタマイズシステムは若干あるものの基本的にアクションの腕前が全てです。
移動と戦闘の配分が丁度良く、音楽や雰囲気やキャラクターがとてもいいので、2D探索としての楽しさが非常にわかりやすいゲームだなと感じました。
難易度含めアクションパートがすごく良く出来ている一方、メトロイドヴァニアとしては成長やコレクションといった要素がかなり薄いため、ゴリ押しで突破しづらい側面もあります。
2Dアクションが好きな人には断然お勧めですが、レベリングやクラフト等RPG寄りのアクションゲームがしたいような人にはイマイチかもしれません。

 


・Dungeon Warfare

store.steampowered.comTwitterで評判が良かったので買ってみたタワーディフェンスゲーム。
面白いのですが、TD初心者には難易度が高めに感じ、進行中はある程度やり方が固定されてしまうのがネックでした。
私の場合、バリケードで絞った道をデーモンで抑えてトラップで削る基本パターンを酷使しまくったため、どこでも大体同じような攻略方法になってしまいます。
頭が柔軟でいろいろな攻略パターンで遊べる人に向いているのかも。12月22日までは245円ですし、タワーディフェンス好きならお値段以上には楽しめると思います。

 


・In Silence

store.steampowered.comネットの記事を見て勢いで買った非対称マルチ脱出ホラーゲーム。サバイバー2~6人とモンスターが1人で最大7人プレイ。
色々ルールがあって説明すると長くなるのですが、簡単に言えば6人がかりで武器庫からライフル取り出して貧弱なモンスターを追いかけ回して殺すゲームです。
モンスター側の選択肢としては、武器庫が開く前にサバイバーとタイマンに持ち込むか、逃げ回ってタイムアップを狙うしかないのですが、クソみたいな視野とガバガバのソナーによりかなり厳しい展開を強いられます。
非対称ホラーゲームとしては頑張ればDbDに近づけそうなポテンシャルは見え隠れしているものの、現状ゲームバランスが悲惨なためとてもじゃないですがフルプライスで買う価値があるとは思えません。
サバイバー同士がお互いに近づけないタイミングを作る、武器庫が開くとモンスターは複数人同時に攻撃できるようにする等の大型アップデートが来ることを期待して寝かせています。
※最近やってないからアップデートで改善されている可能性はあります。

 


・The Witcher 3: Wild Hunt

store.steampowered.com何か安くなってたので買ったのですが結局詰んでしまいました。
説明の必要もない有名なゲームですが、私が数時間遊んだ結果は「まとまった時間が確保できないと厳しい」といった感触。
というか最近気づいたのですが、私には巨大なオープンワールドRPGは向いていないようです。
アクションだと死んだら終わりにできる(そしてよく死ぬ)ので、短時間で目標を決めることができて楽なんですよね。
それがRPGだと「素材をN個集めたら終わり」といったMMO労働時代をフラッシュバックさせるプレイスタイルになってしまいます。

 

 

■今年買ってないけど遊んだもの

・MIST Survival
このブログの代名詞になりつつあるバグだらけサバイバルゲーム
個人で開発しているっぽいのでアップデートを気長に待ちましょう。開発者のやる気は垣間見れます。
今年の大型アップデートで追加されたものは今までの延長であって、サバイバルスタイルに大きな変更が起こらなかったのは残念。
サバイバルゲームなのに誰がやっても水と食料が供給過多になるってバランスはどうにかしたいところですが、もしかしたら私が勘違いしているだけでこのゲームはサバイバルゲームじゃないのかもしれません。
ちなみにこのゲームはv0.3.0で一度wipeを含んだ大型アップデートがあったので、実質ゲーム1本が1.5本分くらいの体験になっています。
ある日突然MIST状態がデフォルトになって、助けたHostageと交代でゾンビを撃退し続ける拠点引きこもり型サバイバルゲームになってくれてもええんやで。


・Raft
MIST Survivalに被せて10月に大型アップデートが来たMIST Survivalのライバル的サバイバルゲーム
このゲームは当初本当に漂流しているだけの遭難体験ファンタジーだったのですが、アップデートを重ねてどんどん良くなっていってます。
前回のBalboaまでが海陸含めた一連のチュートリアルみたいな感じだったので、今回のCaravan Townからようやく本編的な冒険と言えるでしょうか。とは言え熟練の遭難者のイカダは既にアホほど拡張されて巨大要塞みたいになってしまっており、サバイバルなのかクラフトシミュレーションなのかよくわからない感じになってきました。
水・食料あたりのシステムを見直してサバイバルゲームに立ち直るのか、このままひたすらオブジェクトを追加して巨大コロニーを作るゲームになるのか、今後が楽しみなゲームのひとつです。


・The Forest
Oculus Quest 2を買ったのでSteamVR対応のゲームやろう!と思って一番画質良さそうなこれをやりました。
久しぶりにやってみてまあ面白いのですが、家の周りに無限に原住民が沸くので死体だらけになって景観が酷い。
昔は水上に家浮かせてその上で生活していれば原住民が寄り付かなくてよい、みたいなのあった記憶がありますが今もできるんかな。

なおVRとしての感想は特にありません。Oculusでおすすめのゲームあったら教えてください。


・Mindustry
Factorioタワーディフェンスにしたようなゲームなんですが、620円という激安っぷりで毎年大型アップデートされる良ゲーです。
たまに遊びたくなってインストールし、気付いたら朝になっていて後悔しながらアンインストールするのが一連の流れ。

このゲームは翌日の仕事に影響が出るのが最悪ですね、ったく、なんだよこのゲームどこのヤク中が作ったんだ、ん?あれ、なんだ、このライブラリにあるOxygen Not Includedってゲームは?こんなの買ったっけな?あれ?プレイ時間520時間?Steamバグってるなwそんなに遊んだゲームなら覚えてるはずだしwまあせっかくだしちょっと遊んでみるか、よし、ポチっと

MIST Survival 0.4.1 released

突然来たな。

https://store.steampowered.com/newshub/app/914620/view/2903090950656422961

 

電車でざっと読んだ感じ、セーブスロットシステムの追加と新エリアに教会と車が配置されただけっぽいですね。

セーブスロットは今までもセーブファイル分ければできたので、個人的には正直微妙な更新。

教会は行ってみないと何ともですが、車配置はニューゲームの場合にカージャッキ作るのが結構面倒だったのでありがたい。

 

今もうやることない人が大半だと思うのでコンテンツの追加を期待していましたが、0.4.2に持ち越しかな。

個人的には世界観とリンクするようなコンテンツ(例えばMISTやエイリアンに関するアーカイブを集めるとか)が追加されると、マップの意味や冬に向けての状況の理解が進んで嬉しいんですけどね。